営業

段ボールの
新たな可能性について考えたい

営業部 営業1課 伊藤 さくら

2018年4月入社 国際学部 国際文化学科

この仕事を選んだ理由

ものづくりに携わりたいという思いがあり、製造業を中心に就職活動をしていました。色々な会社を見ていくうちに、パッケージなどの分野に興味があることに気づき、その中でも今まであまり注目したことがなかった「段ボール」を作るこの会社に興味を持ちました。段ボールというもの自体は影が薄い存在かもしれませんが、色々な「もの」を運ぶために必要不可欠で、製造業全体を支える存在でもあるというところに魅力を感じたのがこの仕事を選んだ理由です。

現在の仕事内容

都度届く注文書の処理をしたり電話対応をしたりといった事務仕事が基本的な業務です。その他に、いくつかのお客様を担当して、受注処理をしたり納品書を発行したりします。そのお客様によってご注文の入り方も、納品書の発行のしかたも異なります。そのため覚えることも多く、やらなければならないことが同時に重なり忙しくなると大変ですが、営業担当や周りの方のサポートがあり、分からないことは聞きやすい雰囲気があるため安心です。

仕事のやりがいはなんですか?

納期変更やお問い合わせなど、お客様からのご要望にお応えでき感謝いただけた時はとても嬉しくやりがいを感じます。あとは、働いているうちに段ボールの知識などが身についてきて、今まで判断できなかったことができるようになってきたことです。初めは難しかった専門的な知識も、まだまだ一部ですがだんだん覚えてくることで、お客様とのやりとりがスムーズになったり日頃の業務に活かせたりするようになりもっと知識を学びたいという思いに繋がっています。

これから挑戦したいこと

これからももっと段ボールについての知識を身につけていきたいと思っています。その知識を活かして今やっている仕事をスムーズに、さらにスピード感を持ってできるようになりたいと思います。また、一人が様々な仕事をできるようになることで職場が効率よく回ります。そのために現在新しい仕事も教えていただいていますので、自分の仕事だけではなく周りのサポートもしつつ、段ボールの新たな可能性について少しでもなにかアイデアが考えられたらと思います。

1日の流れ

8:20 朝礼
8:30 営業内勤業務
12:10 昼休憩
13:00 営業内勤業務
18:00 帰宅

学生へのメッセージ

自分の興味のある分野だけでなく、様々なジャンルの企業や職種のことを知ってみるのもいいかと思います。そうすることで、「やっぱり自分はこの業界で働きたい」という思いが強くなるかもしれないですし、まったく知らなかった魅力的な業界に出会えるかもしれません。就職活動は自分自身と改めてしっかり向き合う機会になると思います。周りの人と比べることなく焦らずに自分のペースで頑張ってください。