会社情報

トップメッセージ

子どもたちの未来に繋がる、人と社会に優しい企業へ

1909年(明治42年)、わが国でダンボールが生まれてから100年以上の年月が流れました。
ダンボール包装は、大切なお客様の商品を包み、守ることはもちろん、堅牢且つ優しさがあり、凛とした佇まいでお客様の商品を際立たせます。時には美しい印刷が施され、商品の優位性を伝えるお客様のセールスマンにもなります。
強くて優しく、柔軟性、スピード感のあるダンボール包装は、物流や経済の担い手といっても過言ではありません。森井紙器工業は、包装の高い技術力とデザイン力、時にはマーケティングを駆使し、総合的な提案力でお客様と共に新たな価値の創造を行なっていきたいと考えております。

1919年創業の当社は、間もなく100周年を迎えます。リサイクル率96%を超える、人にも地球にも優しいダンボール。私たちはこれからも、創業から培ってきたノウハウ、ダンボール包装にかける責任と情熱をもって、お客様と共に、地球と共に、イノベーションし続けたいと思います。

代表取締役社長 森井 康

品質・環境への取り組み

品質・環境統合方針

我々は、お客様に信頼され、美しく確かな、優れた品質を提供すると共に経営理念『地球に優しく、包装文化の創造、社会への奉仕』に基づき、地球環境の継続的改善活動を、限りなく推進致します。

基本方針
  1. 省エネルギーの推進(地球温暖化防止推進)
    ・生産性の向上、原価の削減
    ・全社の使用エネルギーの削減
    ・廃棄物の削減
  2. 省資源、リサイクル化の推進(資源の節約と再利用の促進)
    5S活動、安全確保の展開により、製品、製造プロセス、配送等の各段階に於いてお客様のニーズを的確に反映させ顧客満足向上を目指すとともに、省資源・リサイクル化に取組み、環境への影響を最小限に留める努力を続けます。
  3. 品質・環境マネジメントシステム面から総合的に事業活動全般の評価を行い、方針・目的・目標を定め、年一回社長が見直しを実施いたします。
  4. 品質・環境関連の法律・規制・その他合意した協定を遵守し、不適合品の流出と環境汚染の予防に取組み、社会・地域との調和の向上に努めます。
  5. 品質・環境統合方針を全従業員(パート等も含む)に啓蒙する(全体朝礼・各課朝礼時唱和、掲示等)事で意識向上を図り、品質・環境マネジメントシステムを構築します。
  6. 品質・環境統合方針はインターネット、パンフレット等を通じて一般の人が入手可能なものとします。

2014年5月1日
森井紙器工業株式会社
代表取締役社長 森井 康

ISO認証取得について

弊社は1999年11月(平成11)に「品質ISO-9002」に登録し、2002年11月(平成14)に「品質ISO-9001」へ移行いたしました。
2004年12月(平成16)には「環境ISO-14001」に認証登録いたしました。
※東京営業所・海外事業所は、ISO登録範囲外です。

品質・環境の取り組み目的と目標

品質・環境 恒久目的 経営品質の向上
品質・環境 恒久目標 限りなき挑戦、コストダウン
2017年度のテーマ 『 想定力を上げる!』
(よりよい想定を行い、想定外を減らそう)
2017年度(72期)重点指針 『製造・販売・サービスにおける、“新しい価値”を創造する』
~モノ・しくみ・組織(人)イノベーション~
2017年度(72期)品質・環境目標
  1. 休業労働災害「ゼロ」の推進
  2. 電力 使用量  ※営業二課を除く
    原単位:28kwh/1,000平方メートル未満
  3. 古紙排出量   ※営業二課を除く
    原単位:30.5g/平方メートル未満
  4. 天然ガス使用量 貼合課における
    原単位:12立方メートル/1,000平方メートル未満

著しい環境側面の登録票(平成29年度)

環境影響評価の結果、著しい環境側面を以下のように特定する

投入 or 排出 環境側面(設備名) 環境影響評価点 平成28年度実績
投入 天然ガス
フレキソインキ
27点
18点
468,998立方メートル
41,497kg
排出 段ボール古紙
排出ガス(ボイラ)
36点
27点
2,480,000kg
7,573,387立方メートル

会社概要

基本情報

会社名 森井紙器工業株式会社
代表者 代表取締役 森井 康
事業内容 ダンボールシートおよびダンボール箱の製造・販売、梱包資材販売、紙製什器・紙製商品企画販売
設立 昭和24年12月(大正8年1月創業)
資本金 4,500万円

支店・営業所

本社/工場

住所 〒959-0215 新潟県燕市吉田下中野1551-2
Google マップで見る
TEL 0256-92-2155(代)
FAX 0256-92-6156

中央工場

住所 〒959-0215 新潟県燕市吉田下中野1602-3
Google マップで見る

西工場

住所 〒959-0215 新潟県燕市吉田下中野1589-3
Google マップで見る

山形営業所

住所 〒997-0011 山形県鶴岡市宝田3-20-9
Google マップで見る
TEL 0235-24-8345
FAX 0235-25-1766

東北営業所

住所 〒991-0061 山形県寒河江市中央工業団地156番4
Google マップで見る
TEL 0237-83-0321
FAX 0237-85-4310

東京営業所

住所 〒105-0004 東京都港区新橋5-6-4 トゥシェ新橋2F
Google マップで見る
TEL 03-5408-8251
FAX 03-5408-8252

吉田倉庫

住所 〒959-0232 新潟県燕市吉田東栄町2-13
Google マップで見る

新潟倉庫

住所 〒950-3308 新潟県新潟市北区下大谷内378-24(豊栄北部工業団地内)
Google マップで見る

関連会社

【海外】

会社沿革

1919年 1月(大正8年) 紙器製造販売を目的として創業
1949年 12月(昭和24年) 資本金40万円を以って法人設立。商号を森井紙器製作所とする。
1966年 6月(昭和41年) 吉田工場を新設、ダンボールケースの専業工場とし、商号を森井紙器工業株式会社と改める
1972年 9月(昭和47年) 吉田第2工場を建設、設備を合理化・高速化
1978年 8月(昭和53年) 協同組合吉田金属センターに加入、同団地内に約4,000坪の用地を取得
1980年 10月(昭和55年) 同団地内にダンボールシートからケースまでの一貫工場完成
1981年 3月(昭和56年) 資本金3,000万円に増資
1982年 3月(昭和57年) 本社工場を増築、第2期設備として省エネルギー3色高速印刷製函機を導入、8月稼動
1982年 7月(昭和57年) 資本金4,500万円に増資
1983年 4月(昭和58年) 新潟営業所を開設
1983年 9月(昭和58年) 第3期設備工事着手、59年1月完工
1984年 2月(昭和60年) 旧吉田工場を本社工場に全面移設
1985年 3月(昭和61年) 山形営業所を開設
1987年 4月(昭和62年) 優良申告法人として表敬される
1991年 3月(平成3年) 豊栄市(現新潟市)に新潟事業所を建設、移転
1992年 6月(平成4年) 物流部門を独立させ、モリックス運輸(株)を設立、営業開始
1993年 3月(平成5年) 吉田町企業団地に約3,500坪の次期工場建設用地を取得
1995年 8月(平成7年) 本社西工場建設、印刷加工機増設
1997年 3月(平成9年) 第1回私募債発行
1999年(平成11年) 創業80周年、法人設立50周年を迎える
1999年 11月(平成11年) ISO9002審査登録企業となる
2000年 5月(平成12年) 山形営業所を新築、移転
2001年 5月(平成13年) 東北営業所を開設
2002年 4月(平成14年) 香港現地法人(森井香港有限公司)設立、中国シンセン駐在員事務所開設。
2002年 11月(平成14年) ISO9001へ移行。
2004年 12月(平成16年) ISO14001審査登録企業となる
2005年 6月(平成17年) 森井紙器工業株式会社代表取締役に森井康就任。
2006年 7月(平成18年) 中国現地法人 森井包装設計(シンセン)有限公司設立、吉田企業団地に2,600坪用地取得
2006年 10月(平成18年) 中央工場建設、三菱重工社製「EVOL高速4色刷印刷製函機」導入
2007年 3月(平成19年) 重油ボイラーを天然ガス式ボイラーへ転換。
2008年 2月(平成20年) ボブスト社製「高速自動平盤打抜き機」導入
2008年 4月(平成20年) 東京営業所を開設
2008年 6月(平成20年) 優良申告法人として5度目の表敬をうける
2008年 12月(平成20年) 東北営業所移転
2009年(平成21年) 創業90周年、法人設立60周年を迎える
2009年 12月(平成21年) 最新鋭「グルアマシン」導入
2010年 3月(平成22年) 東京営業所移転
2012年 7月(平成24年) エコロジーボンド(環境配慮型企業向け私募債)発行
2012年 8月(平成24年) LMC社製「高速3色印刷機」導入
2013年 7月(平成25年) 燕子ども応援 おひさまプロジェクト~太陽光発電「屋根貸し」事業~参加
2013年 10月(平成25年) 寒河江市中央工業団地に東北営業所を新築、移転
2014年 1月(平成26年) 東京営業所移転
2014年 5月(平成26年) 優良申告法人として表敬される(6回目)
2015年 11月(平成27年) 巻税務署より表彰を受ける
2016年 9月(平成28年) 燕市と災害時における物資調達に関する協定を締結
2017年 3月(平成29年) 三菱重工製「EVOL115高速3色印刷製函機」導入